フリーランスを目指す

確定申告は余裕!フリーランスエンジニアは税理士に税金関係を丸投げすべき

こんにちは、現役フリーランスエンジニアのとだこうきです。

フリーランスエンジニアになると、確定申告って自分でしないといけないですよね。

会社員の場合だと会社が全部申告してくれて、税金は毎月給料から天引きされますが、フリーランスの場合は自分で確定申告をして、税金も自分で納めないといけません。

僕も最初フリーランスになった時はそれがめちゃくちゃ不安だったんですよね。特に税金ってちゃんと納めないと犯罪にもなるし、怖いじゃないですか。

だけど、実際フリーランスになってみると確定申告は全然大変じゃなくて、むしろかなり余裕だったんですよ。

なのでこの記事では、フリーランスになりたいけど税金の事がよくわからないという方の為に、「フリーランスエンジニアは確定申告なんて余裕だよ」ってお話しをしていきます。

この記事を最後まで読めば、フリーランスエンジニアの最も合理的な確定申告のやり方について知る事が出来るので、是非読み進めてみてください。

フリーランスエンジニアは確定申告を全て税理士に丸投げしよう!

結論ですが、フリーランスエンジニアは税金のことなんてあまり理解する必要はありません。

そして、税金や確定申告の事は全て税理士に丸投げするのが一番合理的です。

じゃあ、なぜ僕がそう考えるのかなんですけど、その理由は以下の3つです。

  1. フリーランスは税務を全部税理士に任せた方が費用対効果が高いから
  2. 税理士を通せば経費になるものもちゃんと確認する事ができるから
  3. 税理士が効果的な税金対策のアドバイスをしてくれる事があるから

ではこれらを順番に解説していきますね。

フリーランスエンジニアは確定申告を税理士に任せた方が費用対効果は高い

なぜフリーランスエンジニアは確定申告を全て税理士に任せた方が良いかというと、それは税理士に任せた方が圧倒的に費用対効果が高くてお得だからです。

その方が金銭的にも全然お得だし、人によっては実質無料で利用できちゃったりもします。

なので、僕とかも実質無料で税理士のサービスを受けさせてもらってるんですよ。

税理士費用はそこまで高くない

「税理士に任せるってなんか結構金かかりそうで不安だ」って思っていた方も結構いるかもしれないですが、実は全然そんなことはありません。

税理士によって異なりますが、大抵は月に1万円くらいで全部やってくれるような方が多いんです。

まあぶっちゃけ、1万円くらいだったらフリーランスエンジニアにとっては全然大したお金じゃないと思うんですよね。

フリーランスエンジニアは高給取り

そもそも、フリーランスエンジニアって高給取りじゃないですか。

まあ僕とかも時給5千円くらいですし、それにもっと時給の高い人もいますよね。

それを自分で税金の計算をして確定申告しようと思うと、めっちゃ勉強しないといけないし、入力作業なんかもあるからかなり手間なわけです。

仮にそういう人達が税金に関する入力作業を1〜2時間するとすれば、それだけでも1万円くらいは損しちゃうんですよね。

そんな事してる時間があれば他の案件とかもこなせるわけだし…。

というわけで、フリーランスエンジニアは自分で税金のことを自分でやっちゃうとめちゃくちゃ損をするというわけなんです。

だからフリーランスエンジニアは、税金の事なんて自分でやらずに全て税理士に投げた方がお得です。ちなみに、ぼくは丸投げしているので、月の税金関係の業務時間は10分未満ですね。

税理士を通せば確定申告の際に使える経費が増えて得する可能性もある

さらに、税理士を利用する事によって節税効果というのもあるわけですよ。

フリーランスとして仕事をしていると、「これって経費になる?それとも単なる消費?」って悩む時があるんですよね。

もちろん経費となればその分節税できるんですけど、単なる消費となれば経費にならず節税には繋がりません。

そこで僕達としては出来るだけ経費を増やしたいわけなんですが、自分が経費として出したものがちゃんと税務署に認めてもらえるかってすごく不安になるわけですよ。

自分一人だと経費にしていいのか分からず不安な時もある

例えば、僕は「調節緊張症」という症状があって、その為の仕事用メガネを買ってつけてるんですが、使い心地なども重視して割と高めのものを購入してます。

でも、少し高めのものだからそれが丸々経費として通るかも分からないし、税務署に突っ込まれるんじゃないかと不安で怖かったんですよね。

これファッションで買ってんじゃねーのかみたいな。

こういうのって自分一人でやってたら「これ、経費にして大丈夫かな・・?」と悩んでしまい、結局怖くて経費にしない、なんて事もあるんですよ。

税理士に相談すれば経費の事も安心

そこで、税理士とタッグ組んでおけば、予め経費になるものやならないものを全て確認できるというわけです。

もしも税理士さんから「これは経費になりますよ」と言われれば、ちゃんと自信を持ってそれを経費として出せますからね。

このように、ちゃんと自信を持って出せる経費がどんどん増えていくことによって節税効果にも期待できるようになります。

税理士に相談することで更なる税金の節税効果を期待できる場合も

他にも税理士による節税効果というのはたくさんあって、ぶっちゃけネットじゃあまり言えないような「グレーな節税話」とかもかなりあります。

僕はあまりやってはいませんが、場合によってはそういったグレーな節税対策などもアドバイスしてくれるケースがあるわけですよ。

もちろんこれは「グレーゾーン」なので、基本的には犯罪にはならないですからね。

まあ、税理士に相談すればそういうことも教えてくれる可能性があるんで、毎月支払う1万円くらいは余裕でペイ出来ちゃうと思うんですよね。

フリーランスエンジニアは最低限の税金に関する知識が必要

以上が、フリーランスエンジニアこそ確定申告を税理士に任せた方が良いと考える理由でしたが、ここで一つ注意点があります。

それは、「全部が全部税理士任せっていうのもあまりよくないよ」という点です。

フリーランスは税理士とのコミュニケーションが絶対に必要

冒頭で「フリーランスエンジニアは税金の事なんてあまり理解しなくても良い」と話しましたが、あくまでも最低限の税金の知識だけは絶対持ってた方が良いです。

というのも、税金に関する知識が全く無い状態だと、税理士と円滑にコミュニケーションを取れない可能性があるんですよ。

実はこれがコストにもなり得ますから。

例えば、自分は何のITの知識もないのに、部下が全員プログラマーだと困りますよね。

一緒に仕事するわけですから、どんな分野であれ、ある程度の知識は互いに共有できた方が絶対に良いんですよ。そっちの方がコミュニケーション取りやすいので。

税金や確定申告に関する税務本を一冊くらいは読んでおこう

なので、税理士さんと最低限のコミュニケーションを取る為にも、税金に関する本を一冊くらいは読んでおいた方が良いんじゃないかと僕は思います。

僕も税理士さんと税金の相談をする際、こっちから何か提案する事があったりするんですが、そういったコミュニケーションが節税に繋がったりもしますからね。

なので、こういった税金や確定申告の知識も最低限入れといた方が良いと思います。

まあ、知識レベルとしては本一冊読むくらいで全然OKで、税務を完璧に覚える必要はありません。

あくまで税理士に言われた事が少し分かるくらいのレベルになっておけば良いのかなと思います。ぼくは以下の本を読んで勉強しましたが、今の所スムーズに税理士とコミュニケーションが取れています。

フリーランスエンジニアは確定申告を自分でしないで税理士に任そう!

というわけで、これからフリーランスを目指したい方は以下の3ステップを踏むだけで、自分の確定申告を余裕でクリア出来ます。

  1. まず税金に関する本を一冊読む。
  2. 月1万円くらいでやってくれる税理士を探す。
  3. 自分の確定申告を税理士に全て丸投げする。

ほんとこれだけでいいんですよ。僕達は基本プログラミングのことだけを考えておけば良くて、その方が断然仕事の生産性も高まりますから。

そもそもフリーランスになればエンジニアの給料も余裕で上がるし、給料が上がった時点で税理士費用なんて涼しい顔して支払えるようになります。

なので、これからフリーランスエンジニアになるような方は、確定申告の事は税理士に思い切って投げちゃいましょう。

なお、この記事を読んで税金の不安が解消し、フリーランスになりたい!と思った方の為に、以下の記事にてフリーランスエンジニアになる為の方法を詳しく説明しています。

是非読んでみて下さい!

あわせて読みたい
エンジニアがフリーランスになる方法と注意点のまとめ【完全版】こんにちは、現役フリーランスエンジニアのとだこうきです。 僕は25歳の頃にフリーランスになって、収入が1年で4倍になりました。リモート...
ABOUT ME
cohki0305
営業から転職し、たった6ヶ月でリードエンジニアになった最速の男。 その後半年でフリーランスとして独立し時給が4倍に。今は海外ノマドやりながら、週3フルリモート労働。 自分の経験を元に、未経験からエンジニアになる方法や業界のことを発信してます。
特別なスキルがない20代でもフリーランスになれる

知ってましたか?エンジニアであれば、誰でもフリーランスになれます。

僕は実務経験1年で25歳のときに、フリーランスになりました。2ヶ月目には月収が100万円を超えていました。たった半年前、正社員をやっていたときは、20万円という薄給だったのに

実務経験1年なんて正直たいしたスキルなんてありません。でも、フリーランスになってお金を稼ぐことは出来ます。気づいてないかもしれませんが、エンジニアというのはそれぐらいお得な商売なのです。

フリーランスになって稼ぎたい方は、僕が紹介している「エンジニアがフリーランスになる方法と注意点のまとめ【完全版】」を是非読んでチャレンジしてください。この記事読めば、どうすればフリーランスになれるのか分かりますよ。

フリーランスになる方法と注意点を読む!