フリーランスを目指す

フリーランスエンジニアが儲かるかMidworksで検証してみた【エージェント】

こんにちは、現役フリーランスエンジニアのとだこうきです

ぼくは25歳でフリーランスエンジニアになって、収入が2倍以上になったので時間が出来て海外を旅しながら生活していました。

フリーランスになって自由になれた経験から「フリーランスになってお金稼いで自由になろうよ!」とSNSやブログでみんなにフリーランスという働き方を紹介しています。でも、そうはいっても「ほんとにフリーランスになれば稼げるのか?」と疑問に思いますよね。

というわけで、今回は Midworks というフリーランス向けに仕事を紹介しているサービスの実案件を紹介していきます。実案件であれば、嘘つきようないですからね。フリーランスは儲かるんだよって証明していきます。

Midworks(ミッドワークス) とは?

Midworks はフリーランスエンジニア向けに仕事を紹介してくれるサービスです。

正社員並の保障をしながら、フリーランスとしての高額な給料がもらえるサービスで、フリーランスになりたててのエンジニアに人気のサービスです。

【取材】Midworksが最強のフリーランスエージェントだと断言できる3つの理由こんにちは、フリーランスエンジニアのとだ(cohki0305)です。 フリーランスになる際に一番手っ取り早いのがエージェントを利用して...

Midworks は他の同種サービスとは異なり、会員登録しなくても案件情報を確認できるのが特徴です。なので、今回はその公開されている案件を見ていくことにしました。

Midworks(ミッドワークス)の実案件で年収相場を調べる

では、Midworks の Web サービスを使って実際の案件がどういうものか、そしてどれくらい稼げるのか見ていきます。

筆者のレベルは高くありません!

案件を見ていくにあたり、スキルのレベルや経歴が非常に重要になります。

同じ案件でもスキルが高くて経歴が優れていれば給料が高くなりますし、それらが悪ければ当然給料の条件は悪くなります。なので、案件を見ていくにあたり、ぼくの経歴とスキルでどれくらい稼げるのかを紹介していこうと思います。

ぼくよりもいい経歴で高いスキルを持っている方は、ぼくよりも稼げますし、低い人はぼくよりも稼げないという感じで、おおよその給与の範囲を示すことになります。

ぼくの経歴は以下のようになっています。

筆者のスキル・経歴
  • プログラマー歴2年
  • Rails 2年
  • JavaScript 2年
  • Vue 1年
  • リードエンジニアの経験あり

リードエンジニアの経験はあるものの、経験年数が少ないので単価がめっちゃ上がることはないでしょう。エージェント経由の場合は、経歴の雰囲気で評価される可能性が高いです。GitHub とかあんまり見てもらえないです…

ゆえに、経験年数が少ないと「こいつ出来ないかもなー」と思われて単価が上がりにくいです。

Ruby 案件であれば、最低60万は稼げる

では、さっそく実際の案件を見ていきましょう。HPのトップから案件を検索できるようになっているのでここから探していきます。

できるだけ単価を上げたいので、一番得意な言語である Ruby で検索していきます。勤務地は、東京の各所と横浜でしか選択できないようになっていました。

※ 現状は関東圏のみが対応になっています。

検索結果は122件でした。首都圏エリアで122件もあるとありがたいですねーこれだけあれば、さすがに自分にマッチするいい仕事があるはずです。

メディア事業の開発【60〜110万円】 – Rails and JavaScript

検索の3つ目に良さそうなのが表示されていました。

メディア事業の開発するお仕事です。

旅ナカ・アクティビティ、旅行、インバウンドなどのリアルな体験の機会を提供するサービス等、リアルな世界での人々のワクワクと感動を提供するという今までなかった事業領域として…メディアや事業者側への提供システムの開発をご担当いただきます。

と記載されているので、旅行系のメディア事業ということのようです。ただ、これだけだと技術的な面白さがあるかちょっとわからないですが、条件は悪くなさそうです。

RubyもしくはJavaScriptの中規模以上のシステム開発経験
Ruby, JavaScript 両方担当できる方

とあるので、条件的にもマッチしていますね。両方担当するということは少人数での開発を行う可能性が高いので、ベンチャー企業で開発していたぼくの経験も活きてきそうです。

月に60〜110万円とあります。

最低でも60万です。そんなに悪くない数字ですね。2年経験があるフリーランスエンジニアであれば、60万をもらうのは当然というのが僕の感覚です。正社員だったら、月に30万円程度しかもらえないでしょうから、フリーランスエンジニアが稼げるというのがよく分かってもらえる事例ですね。

マックスの110万円は基本諦めましょうwこれは相当スキルがある人か、月に200時間働かないと難しいと思っていたほうがいいです。

勤務時間が、140〜200時間とかなり幅があるので、もしこの条件であれば、月に70万円以上をもらってもおかしくないです。時間を140時間(週4.5労働)に固定してもらって、月に60万もらうという契約でも全然いいですね。

人材系サービスサーバーサイド【60〜90万円】 – Rails or Python

次ですが、人材系サービスのサーバーサイドの開発です。

60〜90万円で140〜180時間なので割と条件が良いです。もし仮に60万円で180時間でも時給3000以上なので、正社員をやるよりはよっぽど良い条件で働けることが分かります。

特別な応募条件もないようなので、ちゃんとした開発経験があってチームとマッチしていれば普通に潜り込めそうな案件ですね。

ぼくの経歴とスキルであれば、140時間で60万くらいに落ち着く可能性がありますね。普段、エージェントを使わずに140時間で70万円を稼いでいるので、エージェントにマージンを支払ったら60万円くらいになるのではないかという予想です。

もしくは、人材系サービスを運用する会社は割とお金持っている可能性があるので、140時間で70万円とかもらえる可能性もちょっとあるかもしれないですね。

また、労働環境も良さそうです。

キャッチアップ後、リモート作業OK!(週2日〜)◎

ゆくゆくは在宅ワーク(リモートワーク)もさせてらえるようです。これは魅力的ですね。通勤時間は給料出ないですからね。時間もあまるので、朝に布団にいられる時間が長くなります。

JavaScript 案件でも月60万は稼げそう

Ruby の案件はいろいろ見てきたので、次は JavaScript 案件を見ていきます。

フロントエンド需要は最近強まっていますから、今のうちにスキルアップしておきたいですね。もちろん、それなりに稼がせてもらいつつ、スキルアップしていきましょう。

IoTサービスフロントエンドエンジニア【50〜80万円】 – HTML/CSS and Angular

次ですが、フロントエンドの開発です。HTMLとCSS、Angular で SPA(シングルページアプリケーション)を作る案件です。

まだ世にないサービス、IoTを牽引すべくサービスの新規開発となります。

詳細はわからないですが、かなり興味が引かれますね。「まだ世にない」とかズルいですねwついつい気になります

必須スキルも特別なことはないので、条件的にはそんなに厳しくないかなと思いますね。サーバーサイドは得意じゃないけど、JavaScript が得意な人にはオススメですね。

給料は50〜80万円なので、あんまり良くないですね。経験年数1年でも応募できるようになっているので、最低金額が低くなっているのかもしれないですね。ぼくの経験だと170時間で50~60万くらいが妥当だと思いますね。

Angular の経験はないので、少し単価としては下がってしまいそうです。

ただ、ぼくなら50万で170時間なら絶対に仕事は受けないですね。正社員に比べると給料の条件はよいですが、60万は最低ほしいです。なぜなら、フリーランスはリスクを取っているから。ほとんどないですが、フリーランスは最悪1ヶ月くらい仕事がなくなる可能性があるので、60万円以上くらいをもらっておくべきです。

ECサイトのフロント開発【60〜80万円】 – JavaScript

次は、ECサイトのフロントエンド開発です。JavaScript がメインの業務です。

条件は、英語は必須のようです。外国人がメンバーにいるとかではなくて、ドキュメントが読めたら良さそうなので全く問題ないですね。

条件的には問題ないので、月に最低60万円は稼げますね。月60万円の条件を超えるのは正直難しくないです。

ここに記載されているリーダーの条件をぼくは満たしているので、リーダーをやることによって、70万円以上は稼げますね。180時間でリーダーで70万だとちょっと大変なので、個人的には140時間で60万円で交渉したいところですね。

経験2年のエンジニアでも60万円稼ぐのは難しくない

4つの案件を見てわかるように、経験2年でちゃんとコード書いてきた人からすると月に60万円稼ぐことは難しくないのですよね

経験2年で社会人エンジニアやってる人は、稼いでる人でもせいぜい40万程度でしょう。ほとんどの人が30万円くらいかもしれませんね。

そういう方たちでもフリーランスになれば、月に60万円稼げるようになるのですよ。

フリーランスとして経験積んで単価がもう少し上がれば、ぼくのように週3労働で自由に働くこともできます。週3労働で働いて余った時間で旅行したり、ぼーっとしたりすることができるわけですよ。

人生働くだけじゃないですよ。自由も大事です。

フリーランスエンジニアを目指す方法は以下に詳細にまとめているのでチェックしてください。フリーランスになる際の注意点も書いているのでよく読んでください。

完全版】正社員エンジニアがフリーランスになる5ステップ【現役フリーが解説】こんにちは、現役フリーランスエンジニアのとだこうきです。 僕は25歳の頃にフリーランスになって、収入が1年で4倍になりました。リモート...
ABOUT ME
cohki0305
営業から転職し、たった6ヶ月でリードエンジニアになった最速の男。 その後半年でフリーランスとして独立し時給が4倍に。今は海外ノマドやりながら、週3フルリモート労働。 自分の経験を元に、未経験からエンジニアになる方法や業界のことを発信してます。
特別なスキルがない20代でもフリーランスになれる

知ってましたか?実務経験が1年あるエンジニアであれば、誰でもフリーランスになれます。

僕は実務経験1年で25歳のときに、フリーランスになりました。3ヶ月目には月収が100万円を超えていました。たった半年前、正社員をやっていたときは、20万円という薄給だったのに

実務経験1年なんて正直たいしたスキルなんてありません。でも、フリーランスになってお金を稼ぐことは出来ます。気づいてないかもしれませんが、エンジニアというのはそれぐらいお得な商売なのです。

フリーランスになって稼ぎたい方は、僕が紹介している「エンジニアがフリーランスになる方法と注意点のまとめ【完全版】」を是非読んでチャレンジしてください。この記事読めば、どうすればフリーランスになれるのか分かりますよ。

フリーランスになる方法と注意点を読む!