未経験から転職

プログラマーの仕事がストレスフリーな4つの理由【実体験】

こんにちは、フリーランスエンジニアのとだこうきです。

僕はエンジニアをやってもう少しで2年が経とうとしてるのですが、その間ストレスを全然、感じずに生きていけています。マジで!

エンジニアの前は営業をやっていてストレスまみれだったんですけどね…

プログラマーの仕事ってブラックのイメージが強くてストレスまみれに思われがちなのですが、そんな仕事ばかりではないです。仕事を選べば、ストレスフリーで生きられます。

まあこんなこと言っても信じてもらえないと思うので、僕がプログラマーの仕事がなぜストレスを感じていないのか説明していきます。

先に結論を書くと

記事の内容
  1. モノづくりにやりがいを感じる
  2. エンジニア組織は話が分かる人が多い
  3. 在宅ワークが許可されている
  4. 転職が簡単にできる

すごいストレス体質の僕ですら続いてる仕事ですから、かなりオススメです。

モノづくりにやりがいを感じる

ストレスフリーな一つ目の理由は、仕事が楽しいからです。どんなにいい環境でもつまらない仕事をやっていればストレスのだるまになってしまいます。

プログラマーの仕事は、作業的だと思われるかもしれませんが、クリエイティブな仕事です。

意外かもしれませんが、プログラマーの仕事はコードを書くことだけではありません。プログラマーの仕事は最高のプロダクトを作ることです。

ユーザの問題を想像して、それに必要な解決方法を考えて、それをコードにするのが仕事です。コードを書くのは仕事の一部でしかありません。

当然、必要があればユーザとも話すし、データからプロダクトの問題を見つけるし、それをチーム間でも話し合います。

またコードを書くのも作業的ではなくて、必死に頭を絞ってプログラムを書きます。

映画やドラマの影響で、エンジニアがひたすらキーボードを叩くイメージがあるかもしれませんが、実際のところは、考える時間を十分使ってコードを書いては消してを繰り返す仕事です。手を動かすよりも考えるのが仕事ですね。

エンジニア組織は話が分かる人が多い

プログラマーとしての仕事にストレスがかからないのは、環境も大きいです。エンジニア組織は話がわかる人が多いのですよ。最高。

話が通じるって当たり前のように感じるかもしれませんが、僕が営業やってた時は論理的に会話できないやつばっかりでしたよ。

理不尽なルール押し付けられたり、感情論で批判されたり、スポ根並みの根性論語られたり…ストレスで死にそうでした

エンジニア組織は逆に話せばわかってもらえます。エンジニアは論理的なので。

論理の世界に生きてるので、論理的におかしなことを受け入れたりしません。ゆえに、自分の間違いを認められる人が多い印象があります。

それゆえに、エンジニアになってからはコミュニケーション取るのに全然コストではなくなりましたね。

他部署の人と話す時は、大変なことはありますけどね笑

在宅ワークが許可されている

僕がプログラマーの仕事を好きなのは、在宅ワークが許可されている点もあります。

どんなにいい会社でどんなにいい仕事でも、通勤時にストレスかかってたら意味ないからね

プログラマーは比較的在宅ワーク(リモートワーク)が許可されている仕事です。僕も1年ほどリモートワークしてます。

1年リモートワークして気づいたのは、満員電車が最も強いストレスだったのだということです。

満員電車を辞めたらすぐにカラダにいい効果が出ますよ。僕の場合は、イライラすることが減ったり、心に余裕ができるようになったり、胃炎もなくなったりしました。

満員電車でイライラしてるオジサンやオバサンとか恥ずかしいでしょ?でも、あんな非人道的な乗り物に何十年も乗ってたら頭もおかしくなるよ、可哀想。

転職が簡単にできる

最後の理由は、転職が簡単にできることです。

どんなにいい条件でいい仕事でも、ちょっとした不運によってそういう環境が崩れてしまう状況はありえます。同僚との関係が悪くなったり、仕事に飽きてしまったり… まあ、ある話ですよね

そのときに「あっ自分は運が悪かった」と諦めなければならないのであれば、ストレスだらけの環境を受け入れないといけないです。しかし、エンジニアはその必要がありません。

引く手あまたなのでw

こんなイカれた事を言ったのですが、実際に仕事を紹介してもらえて AI エンジニアになることもできましたw

なぜこんなことが可能かというと、エンジニアは人が足りていないからです。圧倒的に足りていない状況です。

僕も実際、条件も仕事もよかったけど、役員と関係が悪くなって仕事をやめたいと思ったことがありました。その時はすごいストレスを感じましたが、すぐに別の会社に逃げたので大きな傷を負わずにすみました。

さいごに】エンジニアとして生きるという選択肢を検討しよう

以上が僕が仕事をストレスフリーで出来ている理由です。

まとめ
  1. クリエイティブな仕事のため楽しい
  2. 上司や同僚に理不尽な要求をされない
  3. 満員電車で消耗しなくてもいい
  4. 理想の環境を探し求めて転職できる

プログラマーになればすぐにこれらの環境を全て手に入られるわけではないですが、他の仕事をやるよりも圧倒的にチャンスがあります。IT業界って新しいことをどんどん取り入れていく姿勢がありますから。

他の仕事で消耗してる人はプログラマー目指してみてはどうでしょうか?文系、未経験、中卒、ニート、誰でもなれる門戸が開かれた素敵な仕事なのでチャンスです。

あわせて読みたい
おすすめプログラミング言語】働き方重視の未経験の20代向けこんにちは、現役フリーランスエンジニアのとだこうき(cohki0305)です。 僕は未経験からエンジニアになって、今はフリーランスとし...
ABOUT ME
cohki0305
営業から転職し、たった6ヶ月でリードエンジニアになった最速の男。 その後半年でフリーランスとして独立し時給が4倍に。今は海外ノマドやりながら、週3フルリモート労働。 自分の経験を元に、未経験からエンジニアになる方法や業界のことを発信してます。
プログラマーになって年収1000万目指そう

学歴・職歴関係なく、数年間で年収 1000 万円を目指せる職業って何が思いつきますか??

僕はソフトウェアエンジニア(プログラマー)しか思いつかないです。

僕は実務一年でフリーランスになって年収1000万稼げるようになりましたが、別にこの業界なら普通です。学歴も職歴も関係ないです。

プログラマーを目指して稼ぎたい方は、僕が紹介している「プログラマーになるための最短ステップ 3」を是非読んでチャレンジしてください。

未経験からプログラマーになるための方法を知る