勉強方法

プログラミングにおいて英語がなぜそれほど重要なのか【対策可能】

こんにちは、とだこうきです

プログラミングを始める上で英語が結構出てきますよね。初心者の方は英語ができないとどれぐらい不便なのかっていうのは結構気にされるケースが多いです。

なので、今回はどれくらい英語が重要なのかについて解説していきます。正直、めっちゃ大事です。中級者になろうとすれば必ず障壁になるのが英語です。

プログラミングを勉強している方で英語に関してあまり自信がない方っている方はぜひこの記事を読んでください。読むことによってプログラミングにおいて英語っていうのがいかに大事なのかっていう理解できます。

さらに、英語の苦手意識がある方がどうプログラミングと向き合うべきかについても解説するので、苦手な方も諦めないでください。

プログラミングにおいて英語がなぜ重要なのか

さっそく、プログラミングにおいて英語が何で重要なのか解説していきます。

理由は2つあるので順に紹介していきます。

初心者のうちはそれほど問題ないのですが、中級者レベルとなると英語は必須です。

技術を学ぶ上で英語が分かるほうが楽です

技術を学ぶには英語のほうが楽です

最新情報というのは常に英語なのですよ。公式のドキュメントも英語です。

そして、公式ドキュメントは最も信頼度が高い情報です。

もし英語が分からなければ、最も信頼できる情報にアクセスできないということです。これはプログラマーとしては大きなハンディを背負ってることを意味します。

公式ドキュメントなしに勉強するのは非常に大変です。初心者のうちは大丈夫ですが、中級者ともなると公式ドキュメントを読む機会も増えてくるでしょう。

注意してほしいのが、日本人が開発したものであってもドキュメントは基本的に英語にできているんですよ。英語がスタンダードだから、みんな英語で書く。これはルール。

また、ドキュメントだけじゃなくて、教材も英語が多いです。

日本語の教材は親切で良いと思いますが、圧倒的に量が足りていません。良い教材は英語のほうが圧倒的に多いです。

ぼくは普段英語で勉強しているので、英語と日本語の教材の差を大きく感じています。日本語の教材が悪いとかではなくて、英語の教材は量が多くて自分が求めている教材が多いという印象です。

どれくらい英語教材が多いかは説明しますUdemy で見れば分かりやすいです。

Udemy はオンライン学習教材を提供するサービス

上の画像は「Rails」という検索ワードで調べた結果です。英語の教材は147、一方日本語は12。10倍以上も違います。それくらいに教材の量には差があります。圧倒的です。

情報の早さも違います。

以下は Egghead という海外の動画学習サービスです。JavaScript という言語の教材に特化したサービスです。

数年前、日本ではほとんど JavaScript 特に Vue, React などの教材はなかったのですが、Egghead には普通にありました。今でこそ日本で増えてきていますので、英語と日本語では数年くらいの差があるということです。

英語が分かれば問題解決能力が向上する

英語の重要である理由の2つ目は、英語ができると問題解決能力が向上するということです。

上述のとおり、公式ドキュメントって英語書かれいてる。公式ドキュメントっていうのは一番正しい情報なんですよ。

一番正しい情報が英語で書かれているわけですかこれが読めないと一番正しい情報にアクセスできないわけです。一番正しい情報にアクセスできなかったら問題も解決できなくなっちゃうわけですよ

日本語のドキュメントしか読めない人は個人が書いているブログやQiitaを読む羽目になる訳ですけど、正確性は高くないです。情報が古い・間違っているなどということは頻繁にあります。現役プログラマーはこういった記事を積極的に読んだりしません。

英語が出来なければ間違った情報にずっとアクセスし続けないといけないわけ。その時間結構無駄なんですよ。

また、英語は単純に情報量が多いです。

ゆえに検索したときに自分が望む結果を返してくれる場合が多いです。

日本語で調べた時と英語で調べ時で全然情報が違うんですよね。英語のときは、検索の1番目に自分がほしい情報が出てくる場合が多い。でも、日本語で調べたら全然出てこないということはよくある。

みんな世界中の人が英語でプログラミングをやってるんだから、情報量が英語のほうが多いのは当然のこと。

なので基本的には日本語でググっていう人の方が問題解決能力っていうの低いわけ。

僕たちプログラマは、ググりながら仕事することが非常に多いので、求める情報を検索から見つける能力が大事

このググる力っていうのは何が支えているかっていうと結構英語だったりするんですね

また、英語が出来ないとエラーメッセージが読めない

エラーメッセージも英語で書いてますよね。エラーメッセージはすごく大事なわけですよ

問題を解決する上ではバグの解決の糸口はほぼエラーメッセージになる。

エラーメッセージからどういう問題が起こっているかを推測してそこからバグを見つけるというふうに流れになるわけです

つまり、エラーメッセージが読めないということは解決の糸口を失うということ。エラーメッセージが読めたからといって全てが解決する訳じゃないが、分からないとホントに辛い思いをする

英語が苦手な人のための対策法

では、英語が苦手な人が具体的にどうやって対策取ればいいのか解説していきます。

そんな難しくないかなと思っています

まず大前提として日本人がほとんどは英語がまず読めますマジで。そして、英語は読めれば基本的に問題ないです。動画教材を利用できなくなりますが、プログラミングに関する情報のほとんどがテキストなので問題ないです。

ほとんどの日本人は英語が読めます

ほとんどの日本人が実は英語読めるんですよ。

苦手意識ある人もいるかもしれないですけど、基本的な文法を理解してて英単語がわかれば、簡単な英文は読めるんですよね。そして、ほとんどの日本人は英文法を理解できているんですよ。中学校で習うので。

そして、プログラミングに関する英語は実は平易な英語が使われています。実際公式ドキュメントに書かれている英語って英文法としては全然難しくないんです。

難しく説明する意味はないからねw基本、みんなに分かってもらいたくて書かれている文章なので、簡単に書いてくれています。

でも、ほとんどの人が読めないですよね。なぜかというと、「単語が分からないケース」と「書いていることが難しいケース」です。

単語がわからないのであれば、調べろ

英語が簡単でも単語がわからないと意味不明ですよね。

なので、英語は読めるけど英単語が分からなくて読めていない人が多いです。この場合の対策法は実にシンプルです。

調べればいいだけです。パソコンやスマホを使って一瞬で単語の意味くらい調べられますよね。苦労することは何もないです。

分厚い辞書を何度も調べないといけないのであれば面倒ですが、そんな不便な時代ではないです。

日本語で技術書を読んでいて分からない言葉があると調べますよね。英語も同じです。調べればいいだけです。「英語は苦手だ」という何の役にも立たないネガティブな思い込みによって、ほんの少しも努力する気概を奪っている

調べて少しずつ覚えればよいだけでしょう。

書いていることが難しいなら、技術力不足です

また英語が読めない理由として、単純に技術力が不足しているケースがあります。

この場合は結構多いです。難しい内容を読んでるから理解できていないということです。

日本語でも技術書を読んで理解できないことありますよね?あれって日本語が苦手だから読めないわけではないですよね。読んでる内容が難しいだけです。それは英語も同じです。

この場合でも日本人は「あっ自分は英語が苦手なのだ…」となぜか弱音を吐きます。違います。技術者として未熟なだけです。

その文章にがっついて自分が理解していない技術を理解しようとするか、あるいはその技術に関する周辺知識を勉強するか、これらが正しい対策方法です。

本当は読めるのだから、すらすら読めるようになるには慣れ

本当は読めるので、あとはすらすら読めるようになるだけです。

これに関しては慣れです。

英語のドキュメントを読むのは、英語の小説を読むより100倍簡単です。分かりやすく書いてくれているし、形式に則り書いてくれています。そして何よりコードが書いてあります。

ゆえに決して読むのは難しいものではありません。慣れていくことによって、すらすら読めるようになります

逆に苦手意識を持ってずっと読まなければいつまでも読めないでしょう。プログラマーとして大成しないでしょうね。

英語文法も分からない人は勉強しましょう

英語文法すら分からない人は、勉強しましょう。

「初心者はプログラミングの勉強を差し押さえてでも英語をやるべき」とは言いません。でも、英語が絶対に大きなハードルになります。

なので、中学校の英語の勉強くらいはしておきましょう。今から英語を勉強するなんて非効率だと思うかもしれませんが、将来的な効率を上げることが出来ます。

そう考えると少しずつでも良いので勉強しておくべきでしょう。

中級者としてプログラミングやるなら英語は必須

プログラミング初心者だとあまり意識しにくいですが、中級者になろうとすれば必ず障壁になるのが英語です。

英語のドキュメントや記事を利用することによって、学習・仕事効率が圧倒的に向上します。絶対に必要です。

初心者のうちに少しずつでもいいので、英語の文章に慣れていきましょう

あわせて読みたい
元営業が教える未経験からプログラマーに転職する最短3STEP!こんにちは、現役エンジニアのとだこうき(cohki0305)です! 僕は新卒で入社したもともと営業をやっていたのですが、独学でプログラ...
ABOUT ME
cohki0305
営業から転職し、たった6ヶ月でリードエンジニアになった最速の男。 その後半年でフリーランスとして独立し時給が4倍に。今は海外ノマドやりながら、週3フルリモート労働。 自分の経験を元に、未経験からエンジニアになる方法や業界のことを発信してます。
プログラマーになって年収1000万目指そう

学歴・職歴関係なく、数年間で年収 1000 万円を目指せる職業って何が思いつきますか??

僕はソフトウェアエンジニア(プログラマー)しか思いつかないです。

僕は実務一年でフリーランスになって年収1000万稼げるようになりましたが、別にこの業界なら普通です。学歴も職歴も関係ないです。

プログラマーを目指して稼ぎたい方は、僕が紹介している「プログラマーになるための最短ステップ 3」を是非読んでチャレンジしてください。

未経験からプログラマーになるための方法を知る