フリーランスを目指す

フリーランスエンジニアにコネは必要がない理由を現役フリーランスが解説

こんにちは、現役フリーランスエンジニアのとだこうきです。

フリーランスになる際に、コネって必要だと思ってませんか?自分は実力は少しあるが、コネがないからフリーランスになれないと。

ぼくもそんなことを思っていた時期はありますが、コネなど不要です。コネがあるほうが良いのはもちろんですが、コネがなくてもフリーランスになれます。

ぼくは、いろいろなフリーランスとフリーランスエージェントに取材しています。自分の経験以外からも情報収集しているので、これからの話は間違いないなーと思いますね。

というわけで、この記事では、コネがなくてもフリーランスになる方法を紹介していきます。

フリーランスエンジニアになれれば、経験を積むことで月に80万くらい稼げるように現実的になりますからね。この記事読めば、人生をよりよくできますよ。

コネはエージェントに任せろ

コネはフリーランスエージェントを使うことによって不要になります。

エージェントはエンジニアたちに仕事を紹介してくれるサービスです。彼らがいれば特にコネはなくて仕事は得られるので、コネは不要です。

フリーランスエージェントとは何か?

フリーランスエージェントとは何か知らない人たちのために、説明します。

彼らのビジネスを知っておかないと利用するにしても損する可能性があるので勉強しておきましょう。

エージェントとは、フリーランスに仕事を紹介するサービスです。つまり、彼らはエンジニアを探している会社から仕事を取ってきます。それをエンジニアに紹介してるわけです。

仕事紹介だけではなくて、フリーランスのサポートもやっています。たとえば、契約周り、クライアントとの交渉など、新米フリーランスには難しいような仕事をしてくれます。

これだけのことをやってくれるので、もちろん無料ではありません。

フリーランスがエージェント経由で仕事した場合、売上の10-30%ほどを毎月エージェントに支払う必要があります。

つまり、会社と月に100万で契約したら、毎月10-30万円をエージェントに支払わないとなりません。バカ高いですよw

コネも実力もなくてもフリーランスになれる

エージェントを使えばコネどころか実力すらなくてもフリーランスになれます。高額だけど利用価値はありますね。

紹介すればするほど儲かるのが彼らのビジネスなので、一杯仕事を紹介してるのですよねw(それが業界のためになるのかは置いといて…)

エンジニアを探している企業としても、猫の手も借りたい状況なので、スキルがそんなにない人でもチームに参加してほしいというニーズがあるのも、仕事の斡旋が多い理由です。

エージェントはクソだが使うべきだ

正直言うと、エージェントはクソです。でも、コネがない人は使うべきです。

クソだと思う理由は高すぎるからです。月に10-30%取るなんて利用料としては高すぎる。家賃なんかより全然高額ですからね。

マージンを取られても給与は2倍に

でもコネがないなら利用するしかないです。10-30%のマージンを取られても、多くのエンジニアはフリーランスになれば2倍以上に給与が上がりますからね。

これは非常に魅力的ですよね。ぼくも実際のところ正社員時代は月収30万くらいでしたが、フリーランスになったら80万になりました。時給があがったおかげで、今では週3労働で海外生活を楽しめていたりします。

月収30万で週3労働なんてしたら、ド貧乏ですね…

ただ、ぼくの場合はコネがありエージェントを使わなかったので、マージンはなかったです。とはいえ、もし仮に使ってたとしても、55-70万くらいは貰えてたはずなので、現実的に考えて悪い選択肢ではないですね。

エージェント経由で仕事をして実績を積む

エージェント経由で仕事をしていても、実績を積むことによってコネが生まれていきます。なので、エージェントを活用するのはコネなしエンジニアにとって悪くない選択肢です。

当たり前のことなのですが、フリーランスとして仕事で結果を残すことが出来れば、仕事を紹介してもらうことだって出来るのですよ。ちゃんと仕事してくれる人にはみんな仕事を紹介したいですからね。

ぼくも一緒に仕事したエンジニアから仕事を紹介をしてもらうことがあります。それはすでに仕事を通じいて信頼関係が出来てるので、いい仕事を紹介してもらえるのですよね。

なので、まずはいい条件じゃないかもしれませんがエージェント経由で仕事を受けて、そこで結果を出しまくるのがコネを作るコツです。

オススメのフリーランスエンジニアエージェント3選【失敗しない選び方解説】こんにちは、現役フリーランスエンジニアのとだこうきです 僕は実務経験1年でフリーランスになり、エンジニアなりたての正社員時代に比べると...

エージェントで仕事を受けながらコネを作って仕事を得よう

中期的にはエージェントを使うの悪い選択肢ではないのですが、やはりエージェントはコストなので長期的にはコネ作りはしておきましょう。

コネを作るには仕事以外でもいろんな方法があるので紹介していきます。

勉強会に参加してコネをゲット

勉強会に参加することによってコネを作ることができます

ぼくは日本にいた頃はよく勉強会に参加していました。そのときはやはりよくコネクションを作ることが出来ました。仲良くなると必ずといっていいほど仕事の紹介がありましたねw

勉強会に参加するだけでもコネは作れなくもないのですが、勉強会で発表したり、そもそも勉強会を主催するほうがコネが作りやすいです。

発表者や主催者は目立つんですよね。なのでよく話しかけられますし、「こいつ、できる!」と思われがちなのですよ。そうすれば、仲良くなるチャンスが増えますし、仕事の紹介もしてもらいやすくなります。

コワーキングスペースに入り浸りコネをゲット

コワーキングスペースに良く顔を出すというのも有効化な手法です。

コワーキングスペースというのは、シェアオフィスのようなものです。みんなが集まって仕事ができる場所です。

こういう場所には、リモートワークで仕事をしているエンジニアが非常に多いです。ここに来ている人たちと交流を深めることによって、リモートワークの仕事を知っている人たちとコネを作ることが可能です。

ただ、仲良くなっても技術レベルがわからないと仕事を紹介してもらうことは難しいので、仕事の話を積極的にする必要がありますね。

コネがないならエージェント使ってフリーランスに

コネがない人は辛いとは思いますが、エージェントを使いましょう。

これがあなたの現在できる最も合理的な選択です。

エージェント使ってフリーランスになれれば、収入が数倍になりますからね。高い金払っても使う価値があるでしょう。収入が上がれば、ぼくみたいに週3労働にすることだって出来ますからね。

エージェントも悪いところばかりでもないので、以下の記事でエージェントについてもより詳しく勉強してから決めてください。

エンジニアがフリーランスエージェントを利用するメリット・デメリットを徹底解説こんにちは、現役フリーランスエンジニアのとだこうきです フリーランスとして活動する際に、エージェントを使うのか否かについて悩むと思いま...
ABOUT ME
cohki0305
営業から転職し、たった6ヶ月でリードエンジニアになった最速の男。 その後半年でフリーランスとして独立し時給が4倍に。今は海外ノマドやりながら、週3フルリモート労働。 自分の経験を元に、未経験からエンジニアになる方法や業界のことを発信してます。
特別なスキルがない20代でもフリーランスになれる

知ってましたか?実務経験が1年あるエンジニアであれば、誰でもフリーランスになれます。

僕は実務経験1年で25歳のときに、フリーランスになりました。3ヶ月目には月収が100万円を超えていました。たった半年前、正社員をやっていたときは、20万円という薄給だったのに

実務経験1年なんて正直たいしたスキルなんてありません。でも、フリーランスになってお金を稼ぐことは出来ます。気づいてないかもしれませんが、エンジニアというのはそれぐらいお得な商売なのです。

フリーランスになって稼ぎたい方は、僕が紹介している「エンジニアがフリーランスになる方法と注意点のまとめ【完全版】」を是非読んでチャレンジしてください。この記事読めば、どうすればフリーランスになれるのか分かりますよ。

フリーランスになる方法と注意点を読む!