フリーランスを目指す

20代の元営業エンジニアが実務経験1年でフリーランスになっちゃった理由

こんにちは、フリーランスエンジニアのとだ(cohki0305)です。

僕は新卒で入社した会社で営業やっていたのですが、独学で WEB エンジニアになり転職しました。その後、1年くらい実務経験を経て 25 歳でフリーランスとして独立というスピード感のある経歴があります。

一般的なフリーランスのイメージといえば、実務経験が豊富な脂が乗った 30 代や 40 代って感じなので、僕の経歴は結構チャレンジングに見えると思います。

ですが、僕から言わせれば「なんで 20 代でフリーランスにならないの??」と思いますw若くて実務経験が少ないからこそフリーランスとして活躍すべきだと思います。

今日は僕がフリーランスになった理由を説明して、皆さんが「30 代になったらフリーランスになろう」とか呑気なこと言えないようにしようと思います!

若いときの金には価値がある

僕がフリーランスになった理由の一つが「金」です。

フリーランスエンジニアは正社員をやっているよりはかなり稼げます。実際、正社員時代に比べると 2 倍以上に給料が増えました。別に特別なことじゃなくて、フリーランスとしては当たり前です。

一般的な会社員だと、年齢が上がるほど給料が上がるので、若いうちは金がないのが普通です。でも、よくよく考えたら、若いうちのほうが金大事じゃない?

若いと結婚してないのでしがらみが少なく、また時間があるので人生の選択肢が広いと思うんですよね。言い換えれば、「なんでもできる」って状態です。

そして、自分に投資すれば将来におけるリターンが大きい状態。いわゆるボーナスタイムですよ。学べば将来に活かせる時間や機会も多いのです。

でも 20 代で自分に投資しまくってるやつなんてほとんどいないですよね?だって、金がないんだから!!!!給料安いし、会社にこき使われてるから何もできないのですよ。

せっかくボーナスタイムなのに、それを活かす手段がないのが若者です。

僕はこの状態がいやでフリーランスになりました。若くてもお金が手に入るもっとも簡単方法がフリーランスだったからです。

毎日残業まみれで会社に搾取されて過ごした 20 代と、金を得て自分に投資し続けた 20 代、どちらが将来性があるか分かりますよね?

僕には技術力がないから

フリーランスになった理由の 2 つ目は、自分には技術力がないと思ったからです。

実務経験が少ないと「自分なんか全然できないから、フリーランスなんて無理…」という人がめっちゃ多いです。でも、僕は実力がないからこそフリーランスになりました。

僕はサーバーサイド( Ruby と Rails) は少しできますが、フロントエンドは別に得意ではないですし、インフラの知識は弱いです。実務経験 1 年なんてそんなものです。

僕はもっと素早く技術力を身に付けたいと思っていました。フリーランスになれば、いろんな現場を経験することができますから、様々な知識を得ることができます。

正社員だとその会社が扱う技術しか身につかず、偏りが生じてしまいます。

その偏りがいいようになることもありますが、大抵の場合はレガシーで不人気な技術の知識が深くなり、市場で評価される人材になる機会を失います。

実際僕はフリーランスになって、今まで扱ったことがない言語を扱うようになりました。

最新フロントエンドの知識が深まりましたし、未経験だった機械学習の仕事にも関わらせてもらえました。正社員やっていたら、この経験は 5 年くらいなかったかもしれませんね。

技術力をつけたいなら、フリーランスになるべきです。技術力がないからこそフリーランスをやるべきです。

リスクがめちゃくちゃ少ない

最後の理由は「実はリスクがほぼゼロ」だからです。

フリーランスやろうとしたとき「えっ大丈夫?仕事なくならない?」と心配してくれる人がいました。フリーランスって不安定なイメージあるので、理解できる反応です。

でも、一般的なフリーランスとフリーランスエンジニアは大きく状況が違います。IT 業界は人が圧倒的に足りていないのですよ。人が足りていない分仕事がめっちゃ探しやすい。

そして、このような状況のため、フリーランスを企業に斡旋してくれるエージェントサービスもたくさんあります。よっぽどより好みしない限り「仕事がない」ということは起こらないです。

僕は今「フルリモート勤務可」&&「最新技術を扱っている」という条件で結構より好みしているのですが、それでも仕事があるので、今のところ仕事がなくなるという心配はしていないです。

そして、もちろんフリーランスになっても正社員に戻れないということはないので、うまく行かなければ、正社員に戻ればいいのですよ。

リスクなんてほぼないです

【最後に】20代でもフリーランス

以上が、僕が 25 歳でフリーランスになった理由でした。

上に書いたことは適当言っているのではなくて、すでに効果は出てきています。

お金を得られたことによって機械学習のスクールに通うことが出来て、さらに将来のためにドイツへの移住を検討できるようになりました。そして、今は複数社と仕事しているので、(勉強は大変ですが…)技術力を身につける機会を得られました。

「30 代になったらフリーランスになろ…」とか言ってビビってる人は、30 代になったらまた適当な理由見つけて、慣れ親しんだ正社員やってるんじゃないかなと。

やりたいなら、今すぐやる。それが出来ない人は、いつまで経ってもできないし、出来たとしてもそれはすでに大きく機会費用払ってますよ。

とはいえ、はじめてフリーランスやる人は不安はあると思います。僕も未経験な領域だったので不安でした。チャレンジする前に、しっかり情報収集するという意味でもフリーランスエージェントには登録しておきましょう。

Midworks というエージェント経由で仕事をするとフリーランスでも正社員並の保障が付くので、はじめてフリーランスを目指す人にはオススメですよ。

あわせて読みたい
【取材】Midworksが最強のフリーランスエージェントだと断言できる3つの理由こんにちは、フリーランスエンジニアのとだ(cohki0305)です。 フリーランスになる際に一番手っ取り早いのがエージェントを利用して...
ABOUT ME
cohki0305
営業から転職し、たった6ヶ月でリードエンジニアになった最速の男。 その後半年でフリーランスとして独立し時給が4倍に。今は海外ノマドやりながら、週3フルリモート労働。 自分の経験を元に、未経験からエンジニアになる方法や業界のことを発信してます。
プログラマーになって年収1000万目指そう

学歴・職歴関係なく、数年間で年収 1000 万円を目指せる職業って何が思いつきますか??

僕はソフトウェアエンジニア(プログラマー)しか思いつかないです。

僕は実務一年でフリーランスになって年収1000万稼げるようになりましたが、別にこの業界なら普通です。学歴も職歴も関係ないです。

プログラマーを目指して稼ぎたい方は、僕が紹介している「プログラマーになるための最短ステップ 3」を是非読んでチャレンジしてください。

未経験からプログラマーになるための方法を知る